FC2ブログ

褒められはしない「気持ちの継続の仕方」

日記
02 /05 2018
最近仕事が立て込んでいて、会社でさらに仕事が割り振られそうになりました。

上司「この仕事もお願いできるかな?」

自分「今忙しくて現状では僕にはちょっと無理です」

上司「お前甘えてるのか?」

これはなぜなんでしょうね?

最近は一人で仕事が回せるようになっていたんですが

それでもまだキャパシティが多くはないんです

前の僕なら

「すみません・・・」

と謝っていたことでしょうが、最近はちょっと生意気になって

「いや、この仕事の書類作ったら次の仕事の計画書を作らないと会議に間に合わないので
今それをする暇はないですよ」

と言い返します。

世間的に褒められた返しではないでしょうが、自分の仕事への気持ちを継続するにあたって

理不尽を受け入れてはだめだ、ということが最近分かってきました。

部下の仕事量を管理するのも上司の仕事ですからね。

僕の言い返しを聞いた後に

「その仕事は後回しでも大丈夫だ、こっちが急ぎだからやってくれ」

とでもいうのならば納得して仕事しますが

残念ながら僕の上司は どっちもやれ、残業しろ のスタンスですから・・・

でも上司が一概に悪いとは思ってないです。

そもそもそんなさばききれないほどの仕事量を受けてしまう会社の経営能力の問題だと思ってます。

17時の定時に帰ることが出来ないほどの仕事を受けておいて

出来てないのは社員のせい

というスタンスはどうにも納得できません。

みんなそうだ!という意見もあるとは思いますが、

そもそもみんなそうなら世の中全体がすでにおかしくなっているということですよね?

おかしいに慣れてしまったらいけない

ということを最近は念頭にして仕事をして、おかしいと 思ったら発言をする

ということをしているおかげか、最近はとても気持ちが安定しています。

前まであんなに毎日イライラしていたのに

一人ひとりの個性はあるし、それを尊重していたら会社はまとまらないという意見もわかります。

でも個人がそこまで深く考えて仕事をする必要はないでしょう。

会社とはあくまで契約の上で成り立っている一労働者のスタンスを貫く

最近僕が手に入れ「気持ちの継続の仕方」です。
スポンサーサイト

たいら

大分県在住。ギリギリ若手と呼ばれる社会人
毎日残業でたまに定時で帰ると空いた時間の使い方が分からず・・・なんて日々を脱却しよう!と色々試行錯誤中。生きるために仕事しているのに仕事のために生きていたらつまらない。人生設計なんて大層なことを考えるつもりはないけど楽しみがない人生を送りたくない!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。